Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

【選挙デマ】安倍総理が「残念ながら自衛隊は確かに国民に信頼されている」と発言したかのような切り取り動画が拡散中

time 2018/09/18

【選挙デマ】安倍総理が「残念ながら自衛隊は確かに国民に信頼されている」と発言したかのような切り取り動画が拡散中

sponsored link

錯誤を目的とした切り取りフェイク?

9月16日の、NHKの日曜討論の安倍晋三総理の発言部分から、一部を切り取って、ツイッターに流している人がいます。

動画投稿者は、安倍総理が「残念ながら自衛隊は確かに国民に信頼されている…」と発言したのだと主張していて、その人は絶対に聞き間違いだと思い、数回聞き直したのだそうです。

一部を切り取って、しかも「残念ながら自衛隊は確かに国民に信頼されている」の部分だけを繰り返して編集しています。

 

悪質な切り取り

でも、それ、聞き間違いではないですけど、日本語の読解能力にかなりの問題を抱えていると思いますよ。

安倍総理の発言を最後まで聞いて、そういう文章読解力なんですよね。

では、該当の安倍総理の実際の発言をそのまま文字にしてみます。

司会「次、憲法についてうかがいます。憲法に自衛隊を明記すること、安倍さん、これを優先したいと考えるのは、なぜでしょう?」

安倍総理「これはですね。えー、残念ながら…。ま、自衛隊はたしかに国民に信頼されている。多くの人たちは憲法違反とは思っていない。でも、残念ながら、いまだに憲法違反ではないという憲法学者はわずか2割です。ですから、自衛隊の合憲性については、その記述がほとんどの教科書に載っていますし、自衛隊員の子どもたちも、その教科書で学んでいる。
事実、いろんな都道府県で自衛隊とともにさまざまな催しがありますが、そのたびごとに、共産党を始め、いくつかの政党がですね、反対運動を展開し、中止になったもの、催しもいくつもあるんですよ。
ですから、そういうものも論争をやめていく必要がある。自衛官たちがですね、誇りを持って任務をまっとうできる環境を作っていくことは、私は、いまを生きる政治家の、そして、ずっと憲法改正を党是として掲げてきた自由民主党の、私は、責務であろうと思います。
たしかに、これは大変な作業です。しかし、私は、この憲法改正という大事業に取り組むことが、新しい時代を切り開いていくことにつながっていくと考えています。」

切り取りの動画は、黄色マーカーの部分の切り取りですね。

 

で、なぜか省略した、

残念ながら、いまだに憲法違反ではないという憲法学者はわずか2割です

の部分が、安倍総理の発言の主旨ですね。

「残念ながら」に驚いたはずなのに、なぜこちらの残念ながらの前でぶった切ったのでしょうか。

 

自民党総裁選討論 総裁選挙に何を訴える?!【安倍晋三×石破茂】

 

この動画投稿者は、安倍総理の発言を最後まで聞いているはずです。

そんな短い間に「残念ながら」を重複して使うはずがないではありませんか。ひどい悪文になってしまいます。

なのに、このような悪意ある切り取り編集動画を作って選挙期間中に流しているのはなぜでしょうか。

しかも、多くの人に拡散されて、そのツイートには

「私が本当に問題だと思うのは、こう言う総理大臣を、国会が中途半端にしか追求できなかったという野党の力の無さだろう。しらばっくれた虚言癖に、野党は一歩も及ばなかったと言う事実。」

「ナンだ、コイツ! 残念ながら・・・・???日本語も話せない安倍」

「残念ながら、との発言には驚き!ここまで、、、一刻も早く辞職願います」

などの勘違いをしたリプが多く付いています。

このデマともいえる切り取り編集動画は、9月18日1時26分現在、81044再生、3862リツイート、2970いいねとバズっており、おそらく、自民党の総裁選、沖縄県知事選挙に少なからず影響を与えているものと推測されます。

多くの人を、うまく騙せましたね。

この切り取り動画投稿者は、いったいどういうつもりなのでしょうか。

総裁選と沖縄知事選挙の期間中だという認識はないのでしょうか。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazonで商品検索

こちらからご購入いただけますと紹介料(ギフト券)にて参考資料などが購入できます。ご支援のほどよろしくお願いします。(楽天も同じ)


楽天