以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ブログ

神戸新聞が社説でデマをさらに拡散…「共謀罪で逮捕するぞ」ネットデマの構図、小西ひろゆき説も検証

time 2017/06/17

神戸新聞が社説でデマをさらに拡散…「共謀罪で逮捕するぞ」ネットデマの構図、小西ひろゆき説も検証

sponsored link

国会「共謀罪で逮捕するぞ」ヤジをめぐる話題

 

神戸新聞がデマの流布?

神戸新聞が6月17日の社説で、

今国会では安倍政権のみならず、与党のおごりも目に余るものがあった。「禁じ手」の中間報告を使った「共謀罪」法の採決では、反対する野党議員に「共謀罪で逮捕するぞ」とヤジが飛んだ。

と書きました。魚拓

発端は、6月15日のテレビ朝日の報道ステーションで、きちんとした解説や検証なしに「テロ等準備法案」の参議院本会議の採決場面で、福島みずほ氏に「共謀罪で逮捕するぞ」とのヤジが飛ばされたかのような編集による放送がされたようです。

(ヤジの前後関係、発言者が明らかでないのに「共謀罪で逮捕するぞ」とテロップを付けて放送したことがそもそもの問題)

これに対して、短絡的にいつもの安倍政権批判に結びつけるツイートが発生しました。

こうしたネットの声を真に受けて、確認もせずに神戸新聞が社説に取り上げたものと思われます。

「共謀罪で逮捕するぞ」のヤジは、本当に神戸新聞が書くように「野党議員に向けられた」ものでしょうか?

デマだとしたら、新聞社がデマを拡散するという不祥事ということになります。

 

民進党の有田芳生氏が否定

民進党の有田芳生氏は、現認したとして、発言者は与党議員ではなくて野党議員であるとツイートしています。

現認しているのに某議員と名前を匿名にしているのは、お仲間だからでしょう。

有田芳生氏のツイートの後でも、福島みずほ氏は与党議員であるとツイートしています。

報道ステーションの動画では、福島みずほ氏が右側後方を振り返って見て前を向いてから「共謀罪で逮捕するぞ」のヤジが飛んでいます。

動画を見るかぎり、福島みずほ氏の「右側振り返り」は「共謀罪で逮捕するぞ」のヤジの前ですから、ツイートは矛盾しています。有田芳生氏のツイートの方が信憑性があります。

 

与党議員が審議中の議場で「共謀罪」という俗称を使用するだろうか?

しかし、違和感のあるのは「共謀罪」という言葉です。

今回の法案の名称は、「組織的犯罪処罰法改正案」(「テロ等準備罪」法案)です。「共謀罪」というのは、民進党、共産党、社民党の人たちが使用している俗称であって、与党の人たちが国会内で、「共謀罪」を使用しているのを見たことがありません。

それをヤジとは言え、重要な採決場面で、与党議員が本会議場で使用するでしょうか?

冷静に考えてみましょう。ヤジの発言者は「共謀罪」という言葉を使い慣れている人である可能性が高いのではないでしょうか。

 

それでは発言者は誰か?

「有田芳生氏の発言に信憑性があるのか」という疑問の声もあります。

有田芳生氏は、常日頃から安倍晋三氏と安倍政権に対して文句しか言っていません。くだらない週刊誌ネタやゴシップ記事でも利用して安倍政権の批判ばかりです。

その有田芳生氏が、ヤジを安倍政権批判に利用せずに「そのヤジは与党議員ではない」と言うのは、有田芳生氏が発言者を知っているからにほかなりません。真実を知っているのでどうしても黙っていられなかったのでしょう。この発言に関しては、信憑性は高いと思います。

それでは有田芳生氏が現認したという議員は誰でしょうか?

予期せぬ発言にもかかわらず、議場で座っている有田芳生氏が現認できたということは、有田芳生氏の周囲の座席で、なおかつ有田芳生氏より前の座席ということになります。

193国会 参議院座席表 http://blog.goo.ne.jp/nationaldiet/e/aa9a3e48bf0a0876faa6c843fbb35e48

有田芳生氏の前の座席は同じ民進党の小西ひろゆき氏です。

ヤジの声に聞き覚えがありましたので、小西ひろゆき氏にTwitterで質問してみました。

小西ひろゆき氏からは返事がありません。

小西ひろゆき氏は都合の悪いツイートをするアカウントはブロックしていますからね(笑)

似ているように思うのですが、ヤジったのは誰でしょう?

注:事実の批評、研究のために、テレビ朝日の報道ステーションより一部画像を引用しています。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー

当ブログの加計事件の解釈と同じ内容です。
ぜひ、お読みください。