Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生()でもわかる!

【反アベ無罪】なぜ翁長前県知事の県民葬の怒号妨害を冒涜と諫めないで 県民の声などと持ち上げるのか

time 2018/10/10

【反アベ無罪】なぜ翁長前県知事の県民葬の怒号妨害を冒涜と諫めないで 県民の声などと持ち上げるのか

sponsored link

説教等妨害罪

以前に、こちらの「考える葬儀屋さんのブログ」を読んで、説教等妨害罪というものがあることを知りました。

刑法第188条第2項には

「説教、礼拝又は葬式を妨害した者は、1年以下の懲役若しくは禁錮又は10万円以下の罰金に処する。」
と書かれています。

実際に処罰されるかどうかは横に置いといて、お葬式の場、「お別れの最後の儀式」ではマナーを守りましょう、じゃまなどしてはいけませんよ、という人として常識的なことを決めている法律です。

 

菅長官への怒号? ただの葬儀妨害でしょ?

10月9日に沖縄県の翁長前知事の県民葬が那覇市で行われました。

この県民葬で、来賓として参列した菅官房長官の挨拶に対して「帰れ」などと怒声が一部の一般参列者から上がったようです。

呆れた話です。政治的に対立している部分があるからといって、ご葬儀の場にそれを持ち込んで、来賓に「帰れ」などと怒鳴って儀式を台無しにしようとするなど、人としてありえない行いです。

さらにありえないのは、厳粛な葬儀の場で弔問客を罵倒する無作法をたしなめるべきなのに、これを政権批判に利用して好意的に報道したり、ツイートしたりしている人たちです。

 

計画的なパフォーマンスでしょ?

 



なぜか前日に記事に書いていた琉球新報

不可解なのは、琉球新報が県民葬の前日に「菅氏の出席に抗議の声が上がることも予想される。」などと、活動家の計画を知っていたかのような記事を配信していることです。

琉球新報の記者は、「こんな人たち」が菅長官に罵声を浴びせてマスコミに報道させようとしている計画があることを、知っていたのではないでしょうか?

“圧政”象徴 菅氏に注目 県民葬で弔辞 米統治下に重ねた翁長氏

県民葬は6月23日の沖縄全戦没者慰霊式典と同じ一般参加の式典となるだけに、辺野古問題を巡って翁長氏を厳しい状況へと追い込んだ菅氏の出席に抗議の声が上がることも予想される。実行委関係者は「昨年の大田元知事の県民葬にも首相が参列した。翁長氏と対立した政府要人を招くことへの県民の気持ちは分かるが、礼を失するわけにいかない」と複雑な思いだ。(琉球新報 2018年10月8日 11:25)

 

望月衣塑子記者も政治批判に利用

さっそく、東京新聞の望月衣塑子記者も、10月10日午前の菅官房長官記者会見で、県民葬で、一部の「こんな人たち」が葬儀妨害をした行為を、政府批判に利用していました。

 

「感性の違い」をひしひしと感じるニュースでした。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

最近の投稿

Amazonで商品検索

この検索窓は以下略ちゃんが参加しているアマゾン・アソシエイトです。

楽天