内定者の8割弱を採用中止⇨こっそりタイトル変更 朝日新聞によるフェイクニュースの作り方講座

10月8日、朝日新聞が「朝日新聞らしい」ミスリードタイトルをつけた記事を配信しましたが、ネットユーザーから「誤解を招く」という指摘があり、こっそりとタイトルが修正されるという事例が発生しました。

広告

すでに内定を出していた人の採用中止?

問題の記事は、「ANA、コロナで人件費にメス 内定者8割弱を採用中止」です。

ANA、コロナで人件費にメス 内定者8割弱を採用中止(朝日新聞デジタル)

朝日新聞

朝日新聞のこの記事はライブドアニュースでも配信されました。

魚拓

 

「内定者8割弱を採用中止」というタイトルですと、すでに内定を出していた人の採用を取り消したように読めます。

来春の大学生などの採用も、当初の計画から2割に絞った。(朝日新聞デジタル)

朝日新聞の記事本文では、「採用も、当初の計画から2割に絞った」と書かれています。

 

既に内定を出している採用取り消しはしない(共同)

共同通信の5月8日の記事では、「3200人のうち既に内定を出している専門学校生ら約600人の採用取り消しはしない。」と書いていました。

約600人は、募集3200人の約2割(18.75%)です。

朝日新聞の記事の「2割」が、共同通信の既に内定を出している「約600人」のことであるのなら、内定者の採用はそのままということになります。

21年度の採用では今年3月以降、地上職や客室乗務員などを含めANAグループ37社で計3200人程度を募集していた。面接などを今後予定していたという。
 3200人のうち既に内定を出している専門学校生ら約600人の採用取り消しはしない。パイロットは「航空事業の根幹」として採用活動を続ける。ANAホールディングス幹部は4月の決算記者会見で「新卒採用の抑制は検討せざるを得ない」と述べていた。(共同通信 2020.5.8)

 

「採用中止」「内定取り消し」どっち?

朝日新聞の変な記事に多くの人がツッコミを入れています。

 

朝日新聞の記事タイトル修正

すると、あーら不思議。

こっそり朝日新聞の記事タイトルが

ANA、コロナで人件費にメス 内定者8割弱を採用中止(朝日新聞デジタル)

から

ANA、コロナで人件費にメス 賃下げ・賞与ゼロ提案(朝日新聞デジタル)

に変わりました。

 

朝日新聞によるフェイクニュースの作り方講座だったのでしょうか?



広告