東京新聞 望月記者の「自民党総裁選」の「ポーズか」ツイートはフェイクなのか?

自由民主党総務会(じゆうみんしゅとうそうむかい)は、自由民主党の、党大会・両院議員総会に次ぐ党の意思決定機関であり、常設機関としては党内最高意思決定機関。定員は25名。議長は総務会長が務めます。

広告

総裁選 途中で辞任された場合、フルスペックでやったことはない

自由民主党総務会長(第57代)の鈴木俊一 衆院議員の「自民党総裁選」についての説明によれば、

「今迄、何度も総裁選はありましたが、任期満了ではフルスペックでやっておりますが、途中で辞任された場合、フルスペックでやったことはありません。常に両院議員総会でやっているということです」

とのことです。

 

東京新聞 望月記者「所詮はポーズか」

東京新聞の望月衣塑子記者が、9月1日にTwitterで、

  • 自民党総務会の前に、若手議員が「少し騒がさせて頂きます」と細田派の細田博之会長に話すのを見かける。所詮はポーズか。

とツイートされています。

 

この望月記者のツイートには、「リアルに自民党茶番劇を伝える力がある」などと望月記者を称賛するリプライが付いています。

 

145人の国会議員が「党員票で競うべきだ」と署名を提出したのは、あくまでも「見せかけ」、ポーズだと望月記者は主張されているわけです。

多くの人も、望月記者のツイートに影響されています。

望月記者のツイートは、自民党に不信感をもたせる一定の効果はあるようです。

 

自民総裁選、党員投票見送り 若手・地方組織から異論も

自民党総務会は1日、総裁選の党員・党友投票見送りを決めた。党執行部は、安倍晋三首相の突然の首相退陣が党則の「緊急を要するとき」に当たるとして、党員・党友投票の見送りを提案。小泉進次郎環境相ら中堅、若手議員から異論が上がったが、最終的には了承した。党内では地方組織からも異論が噴出している。8日告示、14日投開票とする方針。(共同通信 2020年9月1日)

 

平時ではない

フルスペックの党員投票を行うと、2ヶ月近くかかるようです。

それだけコロナ対策と経済再生対策が遅れるということになります。マスコミは、これを伝えていません。

 

広告

望月記者のツイートを否定する見解

ところが、望月記者のツイートを否定する見解を小林史明青年局長がされているということです。

 

どういうことでしょうか?

望月記者のツイートはフェイクでしょうか?

 

以下略ちゃんの解釈をまとめます。

 

デマとはいえないが、ミスリードである

以下略ちゃんの解釈は、次のとおりです。

 

望月記者のツイートは次のように構成されています。

  1. 自民党総務会は1時間45分で終了。145人の国会議員が「党員票で競うべきだ」と署名を提出。
  2. だが、若手議員が事前に「少し騒がさせて頂きます」と細田氏に話すのを見かける。
  3. 所詮はポーズか。

 

①は、事実。

 

②は、主語がありません。望月記者が実際に見かけたのか、他の人が見かけたという話を聞いた(伝聞)のかが不明です。

ただ、そのどちらかの事実があったのだろう、ということについては個人的には疑いません。

 

③「所詮はポーズか。」の結論が一番問題です。

若手議員が事前に「少し騒がさせて頂きます」と細田氏に話したのが、事実だとしても、ここには2つの解釈が存在します。

  • 実際に若手議員が正義心から行動し、ボスの細田会長に挨拶として「少し騒がさせて頂きます」と話した。
  • 望月記者の主張のとおり、ボスの細田会長の指示あるいは細田会長に従うことを前提に、「少し騒がさせて頂きます」と話した。

 

少なくとも、2つの解釈があるにもかかわらず、後者であると決めつけている望月記者の思い込みが問題です。

デマ、フェイクとまではいえないまでも、ミスリードであるとはいえるでしょう。

 

新聞記者さんは、あくまでも事実だけを伝えて、読者に判断を委ねる報道を目指してもらいたいものです。



広告