以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

わかりやすさに拘る以下略ちゃんの政治系ツイッターとの融合ハイブリッドブログ。小学4年生(なりすまし)でもわかる!

「布マスク」批判質問の朝日記者に安倍総理が反撃…に関する2種類のフェイク

time 2020/04/18

「布マスク」批判質問の朝日記者に安倍総理が反撃…に関する2種類のフェイク
この記事の所要時間: 349

4月17日の記者会見で、安倍総理が、朝日新聞の星野記者から「布マスクの配布で批判を浴びている」と嫌味な質問を受けて、「いまご質問いただきました御社のネット(朝日新聞SHOP)でも布マスクを(2枚)3300円で販売しておられたということを承知しておりますが」と反撃する一幕がありました。

このニュースをめぐり、事実でない指摘のツイートが散見されますので、それについてチェックしてみたいと思います。

sponsored link

該当部分の動画

まず、実際の朝日新聞星野記者と安倍総理のやりとりの動画をご覧ください。

 

この出来事のニュースに対して、事実と異なるフェイクをツイートしている人が見受けられます。

そのフェイクで多い2つのツイート例は以下のとおりです。

 

フェイク1「安倍総理と朝日新聞星野記者のやり取りの直後に朝日新聞SHOPが閉鎖された」

4月17日現在、朝日新聞SHOPは閉鎖されていて「洗える立体ガーゼマスク2枚セット 3300円」を見ることは出来ません。

 

朝日新聞SHOPが閉鎖されていることに対して、

安倍総理に記者会見で布マスク批判をした朝日新聞記者に対して「御社で売っている3300円の布マスク」というブーメラン突っ込みをされた後、突如朝日新聞SHOPを閉鎖する朝日新聞SHOP

のように、「安倍総理と朝日新聞記者のやりとり」の後に朝日新聞が慌てて朝日新聞SHOPを閉めたかのようなツイートをしている人がいます。

しかし、これは間違いです。

 

朝日新聞SHOPが閉じられたのは、新型コロナウイルス感染拡大で政府が緊急事態宣言を出した4月7日の直前の「4月6日の午後」であり、「安倍総理と朝日新聞記者のやりとり」の後ではありません。

 

4月6日というのは、ネットで朝日新聞の布マスクが話題になった直後です。

サイト閉鎖の理由は「緊急事態宣言で、物流に支障が出る恐れ」としていますが、「緊急事態宣言」はネットショップにとっては逆にビジネスチャンスのはずです。

違和感のある朝日新聞の説明ですが、今回のテーマではありませんので深入りはしないことにします。

 

フェイク2「朝日新聞のマスクは高機能マスクでアベノマスクとは大違い」

安倍総理が朝日新聞記者の布マスク批判に対して「朝日新聞SHOP」で売られている布マスクを引き合いに出したことについて、両者はぜんぜん違うものなので比較するのはおかしいという指摘があります。

 

しかし、安倍総理は「朝日も布マスクを売っている」=「布マスクは需要がある」と言っているだけで、特に朝日新聞SHOPの布マスクの内容について触れたわけでも、批判したわけでもありません。

 

きちんと会見の動画を見れば、「布マスクは朝日新聞が売るほど需要がある」ので「政府も布マスクを配布することにした」と話しているだけなことがわかるはずです。

 

高機能であろうがなかろうが、朝日新聞が売っていたものが「ガーゼ(布)マスク」であることがポイントです。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿、無関係なURL(スパム対策)、誹謗中傷、差別的な書き込みは表示されません。


以下略ちゃんが使用中のサーバー。

安定していておすすめ。

お願い

【お願い】転載は記事の3分の1未満まででお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを直リンクでご紹介下さい。

転載の際は、当ブログのアクセスを奪わないように十分にご配慮ください。

ページの丸ごとキャプチャー、コピペ転載は禁止。写真の転載、動画への転載は一切お断りします。

 



sponsored link

カテゴリー

Amazon商品検索【ご支援】

この検索窓で商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

楽天【ご支援】

こちらで商品を検索してご購入されると以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。

【ご支援】こちらからご利用いただけますと以下略ちゃんに紹介料が支払われます。ご紹介料は参考書籍代として使わせていただきます。