東京新聞 望月衣塑子記者「事前通告ないと圧力が」 菅長官「あなたは何もなしで質問されている」

6月27日午後の菅官房長官記者会見に、東京新聞の望月衣塑子記者が登場し、新聞労連のアンケートで「事前通告のない質問をして文句を言われた」と質問、逆に菅長官から「あなたは、なしで質問をされているではないですか」と切り返される場面がありました。

広告

新聞雑誌の編集者への圧力が

望月衣塑子記者「言論と表現の自由についてお聞きします。国連のデービッド・ケイ特別報告者が昨日、国連人権委員会に、日本に関する報告書を出しました。その中で記者が批判的な質問に、当局者が記者クラブを通じ公然と反論していることについて、新聞雑誌の編集者への圧力と指摘しています。また辺野古の抗議活動でも当局の圧力が続いていると指摘しています。受け止めをお聞かせください」

菅長官「私はまったくないと思っています」

望月衣塑子記者「まったくないというお話なんですけども、あのー、新聞労連がですね。今回実施したアンケート調査にはですね、内閣記者会の声として。長官の夜回りでは、ケータイやICレコーダーを回収袋に入れ忠誠を誓う、萎縮自粛が進み非常に息苦しい。また事前通告のない質問をして文句を言われた、などの意見が出ております。実際はこの圧力と受け止められるような動きがあるのではないかと思うんですが、ご見解をお聞かせください」

菅長官「まったく当たらないと思います。現にあなたは、まったく何も(事前通告)なしで質問をされているんじゃないですか。それがすべてだと思いますよ」

 

国連では自ら実際に調査するのではなく、市民団体などがまとめる意見を吸い上げるような形で報告書などが出されていることが明らかになってきました。

市民団体は、自分たちの政治的意見を反映した偏った内容をあげることが多く、それをそのまま吸い上げる国連の報告書などは、実態とは異なったものになっているのではないかという見方がネットでは広まっています。

そうした国連への不信感がネットには存在し、ツイッターでは国連の報告書などを鵜呑みにせず、批判的な意見も多く見られるようです。





あくまでも、詳細で正確なデータに基づく回答がほしい場合は事前通告を、というだけの話で、別に事前通告なしはダメということではないように思えるのですが、どうなんでしょうか。

created by Rinker
ベストセラーズ
¥1,650(2020/09/30 23:55:39時点 Amazon調べ-詳細)



広告