【話題】無所属で立候補した現職共産党議員のイメージカラーが「NHKから国民を守る党」にそっくりな件

広告

宮本たけしさんが無所属で大阪12区衆院補選に立候補

日本共産党の宮本たけし(岳志)さんが衆議院議員を辞して、無所属で大阪12区衆院補選に立候補しました。

「辞して」とはいっても、宮本たけしさんは、比例近畿ブロックでの当選でした。

※年齢は前回選挙時のもの

比例での当選ですので、名簿順位2位の宮本たけしさんが自動失職しても、共産党の議席が減るわけでもなく、3位の清水忠史さんが繰り上げ当選するだけの話です。

党中央委員の役職はどうなっているのでしょうか?



無所属で立候補するねらいは?

無所属で立候補するのは、野党の共闘をしやすくする狙いのようです。立憲民主党の有田芳生参院議員も応援されています。

有田芳生議員は、4月7日の統一地方選挙で応援に入った候補者が全員落選したなどと一部サイトで「落選請負人」などと揶揄されていました。失礼な話です。みごと当選して汚名返上できるでしょうか。

共産党の看板隠し?

「共産党の看板隠し」という批判もあるようです。無所属で立候補すれば、何も知らない人の票が増えるのかもしれません。



N国党に似ている「黄色」と「青」のイメージカラー

しかし、こんな宣伝カーともお別れのようです。

新しい宣伝カーは「黄色」と「青」のイメージカラーです。でも、この配色、どこかで見た記憶があります。

そう、N国党、「NHKから国民を守る党」のイメージカラーにそっくりです。

無所属の宮本たけしさんは、都市部で快進撃を続ける「NHKから国民を守る党」にあやかったのでしょうか?

広告

とことん共産党

と、思ったら、このカラーリングは「とことん共産党」のイメージカラーだっただけのようです。

やはり、「とことん共産党」だったんですね。



広告