日経平均400円高、バブル崩壊後の高値更新、2016年の玉木雄一郎さん有田芳生さんにコメントしてみる

広告

日経平均2万4202円

9月28日の前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比405円66銭高の2万4202円40銭となり、急反発しました。円安を好感した買いが入り、バブル崩壊後の高値を更新しました。

今年1月23日の年初来高値も更新、1991年11月以来、26年10ヶ月ぶりの水準まで上昇しています。

そんな折、誰かがリツイートしたものと思われる国民民主・玉木雄一郎代表の2016年6月のツイートがTLに流れてきたので、思わずコメントを付けてしまいました。

毎日の値動きがあるもので脊髄反射的に揚げ足を取ると、未来で恥をかくという実例ですね。

有田芳生事務所さんの、こちらも記憶に新しい。

2016年7月の有田芳生立憲沖縄県連会長、見てますか?

2018年9月28日、本日、日経平均はバブル崩壊後の高値を更新しましたよ。何か、コメントはありませんか?

 

年金損失5兆円追及チームの検証はどうなった?

日経平均株価が調整で下がったときだけを狙って「追及チーム」とやらを作って「検証だ、検証だ」と批判して何も知らない人たちを釣って、いざ日経平均株価が上昇すると、無視しているのはほんとうにおかしい。

批判だけが目的なのでしょうか。

日経平均株価がバブル崩壊後の高値更新の今こそ、年金損失5兆円追及チームは称賛コメントを出すべきだと思うのですが、何をしているのでしょうか?



広告