「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」またやった朝日新聞の切り取り見出し詐欺

答弁する財務省の太田充理財局長

広告

「総理夫人だということだと思います」

共産党の小池晃議員の質問に、太田充理財局長が奇妙な回答

3月19日午後の参議院予算委員会で、財務省の太田充理財局長が、共産党の小池晃議員の質問に答えて、「決裁文書に安倍昭恵さんの名前が記載されている」理由として「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」と答えました。

これはその後、訂正されるのですが、朝日新聞はさっそくその部分だけを切り取って、見出しにしました。

https://twitter.com/YES777777777/status/975615104984088576

喜んで朝日新聞をツイートする共産党の志位和夫さん

 

増税派の太田理財局長は、ときどきマスコミに切り取られるような変な答弁をする?

太田理財局長は、午前中の自民党の和田政宗議員に「ときどきマスコミに切り取られるような変な答弁をする」と突っ込まれていたばかりです。

https://twitter.com/YES777777777/status/975543158741221377

 

広告

その後、発言について謝罪する太田理財局長

午前中の委員会で和田政宗議員が「まさかとは思いますが、太田理財局長は、民主党政権時代に野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権をおとしめるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないか」と太田理財局長に問いかけ、太田理財局長は、「いくら何でも」と3回も繰り返し語気を強めて反論するという場面がありました。

太田理財局長は、その後、共産党の小池晃議員への答弁を謝罪、訂正します。

しかし、実際にこうして朝日新聞などが、その部分だけ切り取って利用している結果を見てみると、たしかに和田政宗議員が指摘するように、太田理財局長はマスコミが切り取り印象報道しやすいように発言しているのではないかという疑惑は否定できないものがあります。

https://twitter.com/YES777777777/status/975622908763516928

[東京 19日 ロイター] – 財務省の太田充理財局長は19日午後、森友学園に関する文書改ざんを巡る参院予算委員会集中審議で、安倍昭恵・首相夫人に関連する記述が削除されているのは「総理夫人だから削除されたのではない」との見解を示した。貸し付けに関連する詳しい経緯が削除されたのは「国会審議を考えて削除されている」との見解を示した。

朝日新聞もこういうことをするから「嘘の新聞」と揶揄されるんです。



広告