望月衣塑子記者【文字起こしと感想】国税庁前で千人超のデモが/名護市長選の民意が/官房長官記者会見2月20日午前午後

2018年2月20日(火)午前と午後の菅官房長官記者会見での東京新聞 望月衣塑子記者の質問全文です。望月衣塑子記者の登場は2月8日以来、久しぶりです。

広告

2月20日午前

罷免を求めるデモが行われた佐川長官の任命責任ないのか?

望月衣塑子 記者
東京望月です。

(事務方「この後の日程ありますので、次、最後でお願いします。」)

すいません、何問か他社さんが聞かせていただいているんで、3問くらい聞かせていただきたいんですけども。

菅官房長官
はい
望月衣塑子 記者
短めでやりますんで。

先週より確定申告が始まりました、あ、東京望月です。

先週、佐川長官の罷免を求めるデモが、ま、東京、福岡など11都市の国税局や税務署前で行われていました。

国税庁前では1000人を超える今までにないようなデモも行われまして、納税者からは怒りの声が上がっております。

今朝の新聞でも、一部報道で67%の世論調査でですね、えー、国会招致をすべきだという声が出ておりました。

昨日、麻生さんは経験を活かして職責をまっとうする、していると擁護している発言をされておりましたが、問題がないなら、やはり佐川氏がホテルに寝泊まりするようなね、生活をすることもなく、正々堂々とやはり国民の前で説明をすることが必要なのではないでしょうか。

現状、この佐川氏への批判が高まっているにもかかわらず、政府が適材適所で任命責任においても、

(事務方「質問は論点を明確にして、簡潔にお願いします。」)

問題がないという、ご認識は変わらないということでしょうか?

菅官房長官
それは所管大臣が国会で答弁したとおりです。

2月20日午後

菅長官は民意と言ったが前名護市長の時に政府は民意に応えたのか?

望月衣塑子 記者
(事務方「この後の日程ありますので、次の質問、最後でお願いします。」)

はい、東京望月です。できれば、2つ、聞かせていただきたいと思います。

2月8日の会見でお答えいただけてなかったので、再度お願いします。

8日、菅長官は2月の名護市長選の結果をふまえまして、やはり選挙は結果がすべてとお話されました。

かつ民意で示された民意をふまえて政策を実行に移していく、これが姿ではないですかというふうに言われてました。

えーと、これまで10万票の差をつけて当選した翁長沖縄県知事と、そして同じく基地反対を掲げた稲嶺名護市長の時にも同じようにこの沖縄県の民意、市民の民意に沿って政府が考えた、少しでも応えたということなんでしょうか?

お答えください。

菅官房長官
あの、こないだ、お答えしたとおりです。
[no_toc]

 

広告

感想

罷免を求めるデモが行われた佐川長官の任命責任ないのか?

2月8日以来、久しぶりの望月衣塑子記者の登場です。

 

「国税庁前では1000人を超える今までにないようなデモ」と望月衣塑子記者は発言しています。

このデモの参加者は当ブログで数えたところ、約740人でした。

https://twi55.com/asahi20180217/

望月衣塑子記者の「1000人を超える」は朝日新聞の記事からのものだと思います。朝日新聞の記事では「主催者発表1100人」と書いているのに、望月衣塑子記者は大事な「主催者発表」の部分を省いて、実数が1000人以上参加のデモと捏造しています。「1000人を超える」を既成事実化するものです。

https://twitter.com/moriyukogiin/status/964398744811679744

自由党 森ゆうこ参院議員さんたちが国税庁前で街宣をした街宣車は、シールズが使用した全労連(共産党系労組)の街宣車です。この『練馬800 さ51-47』ナンバーの街宣車は、そのままデモの先導車になっています。

 

「こんなデモを仕掛けられる佐川国税庁長官について、政府に任命責任はないのか」という主旨の質問ですが、菅官房長官にどんな回答を期待しているんでしょうね。

答えられる質問じゃないですよね。

これは、質問の形をした望月衣塑子記者の意見の押し付けです。

いつもの「不要な回答を求める筋違いの質問」パターンです。

仲の良い、森ゆうこ議員のデモ街宣の手助けをしに官房長官記者会見に登場したようにしか見えません。

 

菅長官は民意と言ったが前名護市長の時に政府は民意に応えたのか?

望月衣塑子記者が自身のツイッターでリツイートしているリテラの記事を元にした質問のようです。

望月衣塑子記者は、辺野古移設反対派の市長が当選した時に、政府は基地建設反対の民意にそって行動しなかった、と問い詰めているつもりのようです。

2月8日の会見では、菅官房長官は「民意に沿って市政を行う」「市長が公約に沿って行政運営を行う」と言っているのであって、「政府が政策を行う」とは言っていません。

名護市長選の結果は、いわば、「国政よりももっと市政に目を向けてほしい」という民意のあらわれであると言うことができます。

「市の行政」と「国の防衛政策」は別のものです。「基地反対」という望月衣塑子記者の主張の押し付けにすぎず、意味不明な質問です。



広告