教師への傷害事件で炎上の博多高校が生徒のSNS内部告発を問題視?でさらに炎上中

広告

「SNSの利用につきましても、その危険性を指導してまいりました」って謝罪方向が違うだろー

暴力事件よりも、告発され事件が発覚してしまったことを問題視するかのような「お詫び文」

指導に従わなかったためタブレット端末を取り上げられたことに対して腹を立てた、博多高校の生徒による、授業中の教師を後ろから蹴るなどした傷害事件。

逮捕された問題の生徒はすでに釈放されて在宅で捜査中で、高校はすでに自主退学したそうです。

この一連の騒動に対して、博多高校がホームページに校長 綾部和博の名前で掲載している「お詫び文」がネットで話題になっています。

お詫び文は、生徒による問題行動と今後の対応についてというタイトルで、

「今回の件で、在校生並びに保護者の皆様、卒業生の皆様、本校関係者の皆様、そしてネットでの情報等により不快な思いをされたすべての皆様に深くおわび申し上げます」としています。

「本校では、これまでも道徳教育を推進し、暴力は絶対にあってはならないものであることを教育してまいりました」

と書かれていることは至極まっとうなことです。

ところが、その後に続く一文が波紋を呼んでいます。

「SNSの利用につきましても、その危険性を指導してまいりました。にもかかわらず、今回の件を防ぐことが出来なかったことは残念でなりません。私どもの指導が至りませず、誠に申し訳ありませんでした。」

と、なぜか、動画をツイッターに投稿して、教室という密室での暴力事件を告発した生徒を問題視するかのような内容になっているのです。

暴力事件もさることながら、その暴力事件を告発した生徒の行為を学校側が問題視しているようにも感じる文章になっています。

動画がツイッターに投稿されていなければ、この密室での暴力事件は有耶無耶(うやむや)にされていた可能性が高いと思われます。

SNSがあればこそ、明るみになった事件なのに、その告発者を学校側が問題視しているとしたら、おかしな話です。

学校側の言う「ITモラルの教育」とは、いったい何でしょうか?

時代遅れの隠蔽体質を意味しているのだとしたら、学校側こそが、誰もが情報発信者になれる時代の、「新しいITモラル」を持ったほうがよいのではないでしょうか。

 

内部告発者を守れよ。(笑)

広告