中沢けい氏、百田尚樹氏に「このタコ」と中傷で参戦、39年ぶりに“海を感じる時”? 「一橋大の百田尚樹講演会中止事件」

広告

小説家の中沢けい氏、百田尚樹氏に「このタコ」と中傷

一橋大の百田尚樹講演会中止事件で、まったく無関係の小説家で法政大教授の中沢けいさんが、百田尚樹さんを「このタコ」と中傷しました。

何が卑怯なのかよくわからないですし、どうして中沢けいさんが出てくるのかよくわかりませんが、

中沢けいさんは有田芳生氏と仲が良いことで知られています。

とりあえず有田芳生氏の助太刀に絡んできたらしいです。

でも、小説家としては「中傷」の言葉として品性を感じません。

そうだ、

きっと、百田尚樹さんの、風貌からタコを連想して、39年ぶりに「海を感じた」だけなのでしょう。

https://twitter.com/ikaryakuchan/status/871914413875490818

でも、あっさり百田尚樹さんに「知らない」と言われてしまい、立つ瀬がありませんね。

https://twitter.com/Speeddemon18/status/871724017840930816

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海を感じる時/水平線上にて [ 中沢けい ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/6時点)

 

中沢 けい(なかざわ けい、1959年10月6日 – )は、日本の小説家、法政大学教授。本名、本田恵美子。

18歳の初めての性体験を描いたデビュー作にして唯一のヒット作『海を感じる時』は、60万部のベストセラー。

21歳で出版社社員と結婚、二児を産んだが離婚。

有田芳生と仲がよく、のりこえネット『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと? 』(のりこえブックス)2014年4月23日刊行で、中沢が日本のレイシズムの事例項目を担当している。(ウィキペディア)



広告