以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

Twitterを中心に情報収集する以下略ちゃんがTwitterの密かで怪しい楽しみ方をこっそり教えます。見やすさ、わかりやすさ、にこだわります。

【ブーメラン】民進・有田芳生氏が石井孝明氏に「基本的事実さえ確認できないジャーナリスト」と中傷も、確認できないのは有田芳生氏の方だった

time 2017/06/07

【ブーメラン】民進・有田芳生氏が石井孝明氏に「基本的事実さえ確認できないジャーナリスト」と中傷も、確認できないのは有田芳生氏の方だった

sponsored link

石井孝明氏、民進党有田芳生氏が一橋大の百田尚樹講演会中止に介入した疑惑のツイートを削除したと勘違い?

 

有田芳生氏はツイート削除はしていない

ジャーナリストの石井孝明氏が6月5日に次のようにツイートしました。

石井孝明氏が、有田芳生氏にブロックされているようで、「ツイートが見えないけど、削除したようだ」と書き込みました。

Twitterでは4月頃からブロック機能が強化されて、ブロックされていると相手のツイートをモバイル版でも見ることができなくなりました。

そのため、多くの人をブロックしている有田芳生氏のツイートは、ブロックされている人からは検索でも見つけにくくなっています。(古いツイートほど検索で探すしかないので見つけることが難しい)

この石井孝明氏のツイートを目ざとく見つけた有田芳生氏のフォロワーの方が、次のように指摘しました。

このツイートに気がついた有田芳生氏が、石井孝明氏を

「基本的な小さな事実さえ確認できないなんて、何と驚くべき「ジャーナリスト」だろうか。時代劣化の象徴でしょうな。」と中傷しています。

 

確認を怠って印象操作をしている驚くべき「ジャーナリスト」は、どちら?

しかし、これは有田芳生氏の事実誤認です。

基本的な小さな事実さえ確認できない、何と驚くべき自称「ジャーナリスト」は、有田芳生氏の方です。

なぜなら、石井孝明氏は、その指摘されているツイートにつづいて、フォロワーからの指摘のこのようなツイートもリツイートしているからです。

石井孝明氏のTwitterのタイムラインを追えば、このリツイートをもって、石井孝明氏は有田芳生氏のツイートが削除されていないことを確認して、最初のツイートの追補としていることがわかります。

短文投稿サイトのTwitterでは、複数のツイート、リツイートでひとつの話題をつぶやくことも少なくありません。

ですので、タイムラインの前後をきちんと確認しないと、事実関係がよくわからないことがよくあります。

ところが、有田芳生氏は、ろくに石井孝明氏のこうしたタイムラインも確認せずに短絡的に、

石井孝明氏を「基本的な小さな事実さえ確認できないなんて、何と驚くべき「ジャーナリスト」だろうか。時代劣化の象徴でしょうな。」と誹謗中傷してしまっています。

どうしてこのようなことが起こるかといいますと、おそらく有田芳生氏(または指摘した有田芳生氏のフォロワーの方)が石井孝明氏がリツイートしたアカウント@yamakenntaをブロックしているために、石井孝明氏(だけをブロック解除しても)のリツイートが見えなかったためと思われます。

あるいは、単純に自分で確認もせずに他人のツイートを利用しただけなのかもしれません。

「仮にもジャーナリストを名乗ってらっしゃるのですから、例えブロックされていようと一旦ログアウトして確認するなど、馬鹿げた印象操作や煽動をなさる前に最低限の手間は掛けるべきだと思いますよ。」

と、一旦ログアウトして確認すべきは、有田芳生氏の方だったと思うのですが、いかがでしょうか?

いつもながらのブーメランの光景ですが、ブロックしまくりで視界を遮断してしまっている有田芳生氏は、相手を中傷する場合には、念入りに相手のタイムラインくらい確認しないと、時代劣化の象徴のデマッターになりかねませんよ。

sponsored link

down

コメントする




以下略ちゃん

以下略ちゃん

●マスコミに騙されて2010年の参議院選挙で民主党有田芳生さんに投票。ところが、ツイッターで疑問に思うことを@ツイートしたら有田芳生さんに「匿名卑怯なネトウヨ」と意味不明な理由によりブロックされる。「おいおい、選挙の投票は無記名でしょが…」。大学は理系ですが、以後、独学で政治と経済について学ぶ。 ●オリジナルキャラクター『以下略ちゃん』は短文投稿SNSツイッターにおいて、いつも文末に「以下略」と付ける架空の人物です。ただし、現在までのところ、「以下略」が文末に付いたツイートは確認されていません。●趣味/美術館巡り。好きなもの/ミックスベリーパイ●中の人は複数

【お願い】

転載は本文3分の一以内でお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを最初に直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー転載、コピペ転載はお断りします。画像の無許可転載も禁止です。

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー