以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

Twitterを中心に情報収集する以下略ちゃんがTwitterの密かで怪しい楽しみ方をこっそり教えます。見やすさ、わかりやすさ、にこだわります。

問題の国連のケナタッチ特別報告者の公開書簡の裏に「サヨクNGO」の影が

time 2017/05/30

問題の国連のケナタッチ特別報告者の公開書簡の裏に「サヨクNGO」の影が

sponsored link

国連のケナタッチ特別報告者の別の書簡があった

 

「NGOが作成した非公式な英訳を見て立場を表明したが、間違っているのであれば訂正する」

5月29日の参議院本会議において、共産党の仁比聡平議員の質問に、安倍首相が次のように答えました。

安倍首相「ケナタッチ教授から発出された公開書簡は、井原在ジュネーブ代表部大使に宛てた別の書簡の中で『自分はこれまでNGOが作成したテロ等準備罪処罰法案の非公式な英訳を見て立場を表明してきたが、日本政府の公式な英訳を見た上で、自分の立場が間違っているのであれば立場を訂正する用意がある』と述べています。
特別報告者は、各国の人権状況について調査し、その結果を人権理事会に報告することとなっていますが、今回の公開書簡はそのような正式な報告ではなく、唐突に発出されたものです。
この公開書簡は、法案を作成した日本政府からの説明を聞くことなく、一方的に見解を表明した著しくバランスを欠く不適切なものであります。
この点についてG7タオルミーナサミットの機会に、懇談したアントニオ・グテーレス国連事務総長も人権理事会の特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではないむね述べていました。
ケナタッチ教授による今回の言動は著しくバランスを欠き、客観的であるべき専門家のふるまいとは言い難く、また信義則にも反するものです。
日本政府の説明を無視した一方的なものである以上、政府のこれまでの説明の妥当性を減ずるするものではまったくないと考えております。
我が国の取り組みを国際社会において正確に説明するためにも、この公開書簡の照会事項についてはおってしっかりと、我が国の立場を説明するものを返したいと考えております。」

 

国連の特別報告者、手回しが良すぎませんか?

国連の特別報告者の書簡が、個人的なものなのかどうかの論争が続いていますが、以下略ちゃん的に一番、気になるのは、審議中の法案に、どうして手回し良く国連が絡んでくるのだろうか? ということです。

国連の特別報告者が、日本語で審議されている国会をウォッチしているはずはありません。

なのに、衆議院の審議の最中に、まるで国会をウォッチしてたかの如くに素早く、野党に利用してくださいとばかりに、都合よく「安倍内閣総理大臣宛の書簡」とやらが公開されるという流れ。

まるで、国連に日本で悪事が行われていますと、何者かが、ご注進に行ったかの如く。

なにやら、うさん臭くないですか?

いったいどういうカラクリになっているのか、とても興味深いです。

 

和田政宗氏「サヨクNGOのマッチポンプ」

これに対して、参議院の和田政宗議員は、29日の自身の生放送番組「和田政宗の本音でGO!」で、この安倍首相の答弁を取り上げ、このケナタッチ教授へのサヨクNGOの働きかけについて、「マッチポンプ、自作自演」と話しました。

和田政宗氏「そのNGO、どこなのかな、と調べたらですね。

これはまだ確信はないわけですけれど、裏取りもしてないですけれど、「ヒューマンライツ・ナウ」が国連特別報告者や国連に、声明文とかの書簡を送って、それで「早急に日本政府に働きかけてくれ」という要請をしたということが、ヒューマンライツ・ナウのホームページに載ってると。

で、書簡が返ってきて5月23日には、その「ヒューマンライツ・ナウ」が、「ほらほら、国連の特別報告者がこういう書簡を…」とやってる…」

と、認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(伊藤和子事務局長)の関与を匂わせています。

「ヒューマンライツ・ナウ」は、2015年には、アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(渡辺美奈事務局長)、ピースボートなどと「慰安婦問題の真実と正義~第二次大戦時の日本軍性奴隷」をテーマとするイベントを共催しています。

慰安婦問題をこじらせたのは、こうした活動家たちだという指摘もありました。

「テロ等準備罪」を新設する法案でも、裏で国連を利用する工作が行われているようです。

和田政宗氏「(NGOが)どういう書簡を送ったのかと、(NGOが)どういう働きかけをケナタッチ氏にしたのかと、その内容を公開する必要性がありますよね。

まあ、この書簡を送ったNGOがどこかはわからないのですが、「ヒューマンライツ・ナウ」のホームページにそれが載ってる、これがイコール(=)なのかはわからないのですが。

NGO作成ということで具体的な名前が入っている可能性がありますので、いずれ明らかになってくると思います。」

 

今まで、サヨク勢力による国連の工作活動は、政府も保守系の人たちも見過ごしてきたところがあります。

サヨクの国連へのNGO活動というのはものすごく先行してます。これを戻すのは大変ですが、やっていかなくてはいけない、と和田政宗氏は話しています。

 

日本政府寄りの報道に疑問と噛み付く「ヒューマンライツ・ナウ」

「ヒューマンライツ・ナウ」の伊藤和子氏は、「国連特別報告者は国連の立場を代表するものではない」とする政府の反応にも噛み付いています。

 

sponsored link

down

コメントする




以下略ちゃん

以下略ちゃん

●マスコミに騙されて2010年の参議院選挙で民主党有田芳生さんに投票。ところが、ツイッターで疑問に思うことを@ツイートしたら有田芳生さんに「匿名卑怯なネトウヨ」と意味不明な理由によりブロックされる。「おいおい、選挙の投票は無記名でしょが…」。大学は理系ですが、以後、独学で政治と経済について学ぶ。 ●オリジナルキャラクター『以下略ちゃん』は短文投稿SNSツイッターにおいて、いつも文末に「以下略」と付ける架空の人物です。ただし、現在までのところ、「以下略」が文末に付いたツイートは確認されていません。●趣味/美術館巡り。好きなもの/ミックスベリーパイ●中の人は複数

【お願い】

転載は本文3分の一以内でお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを最初に直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー転載、コピペ転載はお断りします。画像の無許可転載も禁止です。

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー