以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

Twitterを中心に情報収集する以下略ちゃんがTwitterの密かで怪しい楽しみ方をこっそり教えます。見やすさ、わかりやすさ、にこだわります。

東京新聞望月記者「国家戦略特区は法曹界が違法だと言っている」梓澤弁護士「奴らを通すな!」えっ?

time 2017/08/10

東京新聞望月記者「国家戦略特区は法曹界が違法だと言っている」梓澤弁護士「奴らを通すな!」えっ?

sponsored link

奴らを通すな!」と口にする人々

東京新聞望月衣塑子記者「スガとアベは法曹界からの指摘を受け止めろ」

8月7日の菅官房長官記者会見で、東京新聞望月衣塑子記者がこのような質問をしました。

望月衣塑子「昨日、弁護士法律家ネットワークが会見しました。国家戦略特区の認定プロセスに違法性があるのではないかと、こういう指摘が法曹界からも出始めております。このことについて政府としてどういうふうに受け止めていらっしゃるでしょうか?」

菅官房長官「承知してません」

望月衣塑子「東京新聞望月です。承知してないということですが、法治国家ですからと、繰り返し言うのが、菅さんの会見でたびたび言うことです。法治国家のプロセスを取っていないんじゃないかという指摘が法曹界から出始めています。しっかりとこのご指摘を受け止めていただきたいと思います」

特定の団体の会見、主張について官房長官に意見を尋ねるのはいいとして、

官房長官記者会見は「しっかりとこのご指摘を受け止めていただきたいと思います」などと特定の団体の意見を押し付ける場所ではないと思うのですが、相変わらず明後日の方角に向いている望月衣塑子さんです。

以下略ちゃんは、弁護士会とか、弁護士の団体がその地位を利用して偏った政治的主張をするのは問題ではないかと常日頃から思っています。

この東京新聞望月衣塑子記者がイチオシの弁護士法律家ネットワークの会見なるものを調べてみました。

 

加計学園問題で法律家らが立ち上がった?

該当のIWJの記事のタイトルは、

加計学園問題で法律家らが立ち上がった!獣医学部新設の違法性を訴える要望書と質問状を政府に提出!梓澤弁護士「ヤツラを通すな!」――加計学園問題追及法律家ネットワーク記者会見 2017.8.7 (IWJ)

だそうです。

会見の動画を探してきました。

冒頭で共同代表の弁護士 梓澤和幸氏の発言があります。

なんと、梓澤和幸氏は「奴らを通すな!」と発言しています。これは何でしょうか?

この梓澤和幸氏の「奴らを通すな!」の発言がとても気になるのです。

弁護士 梓澤和幸氏「内閣改造ごときで内閣支持率が回復している、これは誰の責任か」

この発言だけでも、公平な立場での主張とは思えないですね。

 

「奴らを通すな!(No Pasarán)」と共産党信奉者

「奴らを通すな」はスペイン内戦で反ファシズムのスローガンに使われました。1936年7月18日にスペイン共産党員のドロレス・イバルリがマドリード包囲戦で行った「奴らを通すな!(No Pasarán)」という演説が有名です。

「ノーパサラン」(奴らを通すな)は、pasaremos(我らは通るぞ)という言葉と併用することでファシストではなく共産主義者が国家権力を掌握できることを指し示すことが多いとされています。

(出典:以下略ちゃんの逆襲)

つまり、この弁護士グループは共産党信奉者である疑いが強く、もともと自民党政権のすることは何でも反対なのではないかと疑問を持つわけです。

そういう人たちだと言うことを隠して、「法曹界からの指摘を受け止めていただきたい」と、しれっと言う東京新聞望月衣塑子記者は偏りすぎているのではないでしょうか。

 

弁護士 梓澤和幸氏と共産党

sponsored link

down

コメントする




以下略ちゃん

以下略ちゃん

●マスコミに騙されて2010年の参議院選挙で民主党有田芳生さんに投票。ところが、ツイッターで疑問に思うことを@ツイートしたら有田芳生さんに「匿名卑怯なネトウヨ」と意味不明な理由によりブロックされる。「おいおい、選挙の投票は無記名でしょが…」。大学は理系ですが、以後、独学で政治と経済について学ぶ。 ●オリジナルキャラクター『以下略ちゃん』は短文投稿SNSツイッターにおいて、いつも文末に「以下略」と付ける架空の人物です。ただし、現在までのところ、「以下略」が文末に付いたツイートは確認されていません。●趣味/美術館巡り。好きなもの/ミックスベリーパイ●中の人は複数

【お願い】

転載は本文3分の一以内でお願いします。記事等を転載される場合は必ず当ブログのURLを最初に直リンクでご紹介下さい。ページの丸ごとキャプチャー転載、コピペ転載はお断りします。画像の無許可転載も禁止です。

おすすめ人気記事(計30日間)



sponsored link

カテゴリー